俺たち出世したくない族! 20代でなんと77%にまで到達【東晶貿易調べ】

出世は「給与アップ」するけど「責任を押しつけられる」だけ?

東晶貿易は、全国の20代(20歳~29歳)に対して「出世欲」に関する調査を実施した。

とにかく出世はしたくない

まず現在社内で役職についている人は14.7%で、85.3%が役なしの立場だった。そこで、「今後出世したいか(上位の役職に就きたいか)」を聞くと、「いいえ」77.6%のほうが圧倒的に多く、出世したいと考えた20代は22.4%に留まった。

「出世したい」と回答した人に理由を聞くと、キャリアや社会的地位よりも圧倒的に「給料を上げたいから」という回答が多い。そのためか、「どの程度まで出世したいか」のポジションについては分散しており、「部長」「主任」「課長」が2割台、「役員」16.9%、「代表」13.4%などの回答もあがっている。

一方で「出世したくない」と回答した人に理由を聞くと、「責任のある仕事をしたくない」「プライベートを大事にしたい」が400票を超えて、特に上位となった。「目立ちたくない」「会社内の地位に興味が無い」も200票以上存在する。

こうしたことから、現代の20代において「出世=給与の上昇」あるいは「出世=責任の押しつけ」でしかなく、「より権限を振るえる立場になる」「社会的地位が評価される」といった考えは皆無のようだ。

調査概要

  • 【調査対象】全国の20~29歳男女
  • 【調査方法】アンケート
  • 【調査時期】2022年6月3日~10日
  • 【有効回答数】2,327人(男性1,127人、女性1,200人)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]