NTTコムオンラインのサービス終了アクセス解析「Visionalist」のドメインを第三者が取得

セキュリティ上問題のあるスクリプト設置の可能性、「tracer.jp」タグの削除を呼び掛け

NTTグループでデジタルマーケティング事業のNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、2020年7月にサービス終了したアクセスログ解析サービス「Visionalist」で利用していたドメインを第三者が取得した、と5月18日発表した。そのドメインでセキュリティ上問題のあるスクリプトを設置している可能性がある。

このドメインは「tracer.jp」で、Visionalistのログ収集システムに使われていた。サービスを終えたことでドメインを廃止したが、その後、第三者がドメイン管理会社から取得した。ユーザーがこのドメインのアクセス解析用スクリプトを現在でもそのままにしていると、悪意のある処理が行われることがあり、注意を呼び掛けた。

Visionalistは、アクセス解析サービス事業のデジタルフォレストが2003年に提供を始めたが、同社が2013年にNTTコムオンラインに統合されたことから、それ以降はNTTコムオンラインが展開していた。サービス終了時にtracer.jpタグの削除を依頼するとともに、その方法を案内している。しかしセキュリティリスクを回避するため今回改めて、サイトにtracer.jpタグが残っている場合に削除するように求めた。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]