ブイキューブがメタバースを体験する個室型VR空間「メタキューブ」のコンセプトモデル

エンタメからビジネスまでメタバース活用を探るため、コンテンツパートナー企業を募集

ビジュアルコミュニケーションツール開発のブイキューブは、メタバース(3D仮想空間)を体験できる個室型VR(仮想現実)空間「メタキューブ」のコンセプトモデルを4月18日に発表した。防音個室ブース「テレキューブ」の室内壁面に映像コンテンツを投影し、ゴーグル型デバイスを装着しなくても臨場感あるVRやメタバース空間を体感できる。実用化に向けた概念実証(PoC)でサービスを共同開発するコンテンツパートナー企業を募集する。

体験できるコンテンツは、360度カメラで撮影した静止画や動画、建築設計のBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)のCG画像、遠隔地とのWeb会議やライブ配信映像など。リアルタイム表示で遠隔地の参加者と同一空間にいるかのように体験を共有できる。不動産や観光の遠隔案内、体験型エンターテイメントやアミューズメント向けアトラクション、エアロバイクを設置したVRジムなど幅広い活用を想定する。

AR(拡張現実)やVR体験で提供されているゴーグル型の専用デバイスは、人数分の確保と利用者一人ひとりの装着が必須になるが、メタキューブは個室に入室するだけで体験可能だ。顔に触れる専用機器が不要でゴーグルによるVR酔いが少なく、誰でも簡単に利用できるので、メタバース体験へのハードルを下げることが期待できる。複数人対応の個室ブースを利用して同時に複数人が同じコンテンツ体験をすることも可能になる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]