イトーキ・NTT Com・NTTドコモがハイブリッドワークのコミュニケーション課題解決の実証実験

器具・オンラインワークスペース・共通認証IDを組み合わせた新サービス「office surf」を活用

イトーキ、NTTコミュ二ケーションズ(NTT Com)、NTTドコモは、リモートワークとオフィスワークを併用するハイブリッドワークでのコミュニケーション課題の解決への検証を始める、と4月12日発表した。異なる場所で働く社員同士の雑談を生み出してコミュニケーションを活性化する実証実験を同日開始した。新サービス「office surf(オフィスサーフ)」を活用する。

office surfは、イトーキが新開発した器具に、NTT Comのオンラインワークスペース「NeWork(ニュワーク)」とドコモの法人向け共通認証ID「ビジネスdアカウント」を組み合わせたコミュニケーションサービス。NeWorkは、同じオフィスにいる感覚でメンバーに話しかけられ、従来のウェブ会議では難しかった立ち話のような雑談や、ちょっとした相談が活性化できる。

オフィスからの参加イメージ

実証実験は6月30日まで実施。イトーキが実験用に開発した器具をカフェやラウンジのような場所に設置し、常時オンラインワークスペースにする。NeWorkとビジネスdアカウントを利用することで、新規ログイン情報の登録やウェブ会議設定をする必要なく会話が可能な空間を実現。常時オンラインワークスペースに行くとバーチャルオフィスの人と気軽に会話できる。

ハイブリッドワークが広がる中、アイデアが生まれるきっかけだったオフィスでの会話環境を求める声が高まっていることを受けた。リモートワークでは、雑談がある方がストレス解消できるとされる。3社は実証実験によってoffice surfの商用化を進めるほか、ビジネスdアカウントの会員基盤でのデジタルマーケティング活用などによるoffice surfの利用促進を図る。

「office surf」のサービスイメージ
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]