「Yahoo!防災速報」で「災害マップ」にツイート表示、「リアルタイム検索」と連携

大雪や地震などさまざまな災害に対応、写真・動画付き投稿を地図にリアルタイム表示

ヤフーは、「Yahoo!防災速報」(iOS版、Android版)で災害状況をユーザー同士で共有できる「災害マップ」と「Yahoo!リアルタイム検索」(スマートフォンWeb版)を連携して、「Twitter」に投稿された災害状況を表示する機能の提供を始めた、と1月11日に発表した。Yahoo!防災速報で災害発生時のリアルタイムな状況がより把握しやすくなる。

Yahoo!防災速報アプリを開いて「マップ」をタップすると「災害マップ」が起動し、地図上に表示されたアイコンをタップすると投稿内容を表示する。位置情報を取得できる気象災害に関するツイートのみを抽出して反映させる。「リアルタイム検索で続きを見る」をタップすると、Yahoo!リアルタイム検索に遷移して投稿全体を確認できる。

機能の使い方

災害に関するTwitterの写真や動画付きツイートを表示することで災害状況が視覚的にわかるようになる。台風や大雨などの風水害や地震、大雪などさまざまな災害の状況を確認でき、冬場の降雪時の外出判断や危険エリア回避に活用できる。ツイートがどの地点のものかがわかるようマップ上で表示するので、正確に災害発生地点を把握できる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]