palanがWebAR作成サービス「palanAR」でアプリ版を提供、高精度なARをアプリで体験

WebARとアプリARを同時にpalanARで作成、履歴に残したりSNSでシェアしたりが可能に

WebAR(拡張現実)/WebVR(仮想現実)システム開発のpalan(パラン)は、ノーコードでWebARが作れるサービス「palanAR(パラナル)」で、作成したWebARをアプリ上にも配信可能な機能の提供を始めた、と12月22日に発表した。palanARで作成したARをアプリでより高精度で体験して履歴に残したり、SNSでシェアしたりできる。

 

VR空間を自由に動き回り、前後・左右・上下移動と回転可能な「6DoF(Six degrees of freedom=自由度6)」で複数商品を設置できる。コンテンツを表示させる「マーカー」の認識精度を向上させ、アプリならではの利点を生かしたARを体験が可能になった。特別な操作は不要で、palanAR上でWebARとアプリARを同時に作成することができる。

palanARは、簡単にWebARを作成できるオンラインツールで、AR名刺や商品プロモーションなどに使える。無料のフリープランと商用利用可能なプランがある。2019年の提供開始から6000以上のARが作成されたが、「WebAR上で実現できないリッチなAR体験を実現したい」とのユーザーの要望を受けてpalanARアプリ版を提供する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]