オトナルが音声広告を聴いたユーザーの購買効果を可視化する購買分析パッケージ提供開始

広告に触れた消費者と触れていない消費者の購買率を比較、購買への影響を定量的に測定

デジタル音声広告事業のオトナルは、ラジオ広告やデジタル音声広告を聴いたユーザーの購買効果を可視化する「音声広告 購買分析パッケージ」の提供を始めた、と11月11日発表した。購買データと音声広告の接触者データを組み合わせ、広告に触れた消費者と触れていない消費者の購買率を比較。音声広告の購買への影響を定量的に測定する。

音声広告の接触者と非接触者を比較して数値化

購買分析パッケージは、音声広告の接触者と非接触者の商品購買率の比較や、広告接触前後の購買率・購入金額、購入個数の推移などの変化を可視化することで、音声広告の効果が分析できる。デジタル音声広告は、広告配信時の設計によって配信エリア、広告接触日時、複数パターンの音声広告クリエイティブなどの条件ごとに効果の比較も可能。

購買データと広告接触者データを突合
レポートイメージ

対象媒体はインターネットラジオサービス「radiko(ラジコ)」、音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」、データ連携したラジオ局など。分析できるのは、高頻度で購入され、購入率の高い商品ブランドで、水や清涼飲料水など飲料▽インスタント食品、菓子、調味料など食品▽洗剤、シャンプーなどトイレタリー--となる。

購買分析可能な業種と商品ジャンルの例
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]