メトロアドエージェンシーが交通広告を検索・購入できるサイト「アドターミナル」開始

東京メトロの交通広告を1駅1枚、数万円のポスター掲出から料金を確認して購入が可能
よろしければこちらもご覧ください

東京地下鉄の100%子会社で東京メトログループの総合広告会社のメトロアドエージェンシーは、交通広告を検索して購入できるサイト「アドターミナル」を始めた、と10月14日発表した。広告の専門知識がなくても広告料金を確認して交通広告を簡単に購入することができる。1駅1枚、数万円のポスター掲出から購入が可能。

公共性が高い交通広告は業種を問わず出稿ニーズがあるが、「どこから申し込んだらいいのか」や「料金はどれぐらいか」など詳細が見えづらく、出稿ハードルが高いと漠然と感じられていた。このため交通広告の各メニューや広告掲出までの流れを可視化して身近に感じてもらい、調べて購入できるサイトを開設した。

今後は東京メトロの広告に限定せず、屋外広告や他の電鉄の広告も掲載していく。サイト内の機能も充実させ、交通広告の豆知識や選び方ガイドなどのコンテンツ展開を予定している。媒体接触などデジタルデータのメジャメント(効果測定)やプログラマティック広告など、交通広告の発展状況も知らせていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]