ソフトバンクがAI解析カメラ映像を活用可能なプラットフォーム「STAION」を年度内に開始

パートナー企業を募集、業務の自動化・効率化やマーケティングなどさまざまな用途を想定
よろしければこちらもご覧ください

ソフトバンクは、AI(人工知能)で解析したカメラ映像をさまざまな用途で活用可能にするAI映像解析プラットフォームの展開を2021年度中に始める、と9月21日発表した。「STAION(スタイオン)」と名付けた。STAIONで利用できる各種サービス、カメラ、AI映像解析機器を開発・提供するパートナー企業を同日から募り、サービス開発や企業同士の共創を促す「STAIONパートナープログラム」を開始する。

STAIONは、業務の自動化・効率化、生産性・安全性の向上、マーケティング、人流分析、見守り、防犯などの用途を想定する。AI映像解析機器を一括管理・運用でき、AIによるカメラ映像の解析結果を生かしたサービスがSTAIONを通して利用可能になる。店内の商品欠品・空席、工場の不良品、車両番号検知、来場者数や人物の人の年齢・性別分析、顔認証などのサービスをパートナー企業と共創する。

「STAION」のイメージ図

STAIONの開始当初は、小売業界向けのサービスを予定。顧客の年齢や属性に合わせてサイネージのコンテンツを自動的に切り替えるサービス▽陳列棚の品切れを自動検知してスタッフに通知するサービス▽入店人数やレジの待機人数、精算時間などを分析して将来のレジの待機人数を予測するサービス--などを提供する。さらに医療・介護施設向けに定期巡回業務の軽減に向けたサービスも計画する。

STAIONパートナープログラムでは「AIエンジンパートナー」「デバイスパートナー」「コンサルティング・SI(システムインテグレーション)パートナー」の3カテゴリーでパートナー企業を募集。STAIONを基盤にしたサービスの開発にソフトバンクとパートナー企業が共同で取り組むことに加え、パートナー企業同士の共創や情報共有の機会を提供する。一部企業とは既にサービス開発で協議している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]