CCCマーケティングが「YouTube広告」を販売、T会員の購買履歴データと連携して検証

プランニングから出稿、効果検証まで「循環型のYouTube広告マーケティング」を提供
よろしければこちらもご覧ください

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループでマーケティングソリューション事業のCCCマーケティングは、全国の広告主や広告会社に「YouTube広告」の販売を8月17日から始めた、と同日発表した。T会員7000万人超の購買データと、月間利用者6000万人超のYouTubeの視聴データを連携したマーケティングデータをもとに、プランニングから出稿、効果検証まで一気通貫で「循環型のYouTube広告マーケティング」を提供する。

 

オーディエンスターゲティングやコンテンツターゲティングに加え、Tポイントの購買履歴データに紐づいた詳細なマーケティングターゲットに対するリーチ効率(CPM)▽クリック効率(CPC)▽一人当たりFQ(フリクエンシー)、imp単価――など多様なKPI(重要業績評価指標)をもとに、最適な組み合わせ広告枠を設計して販売する。YouTubeの視聴データと連携したマーケティングデータによる多角的な視点でプランニングや出稿ができる。

2021年7月から始めた「15秒CMを1本単位」で購入できるテレビCM枠に続く循環型マーケティングで、Tポイントの購買履歴データをもとに「デジタル広告やYouTube広告接触者が自社ブランド商品を実際に店舗で購買したかどうか」の購買効果を可視化できるサービスとなっている。CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと連携したクロスメディアのプランニングで、さらなる投資対効果も期待できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]