「Google BigQuery」とCXプラットフォーム「KARTE」のデータ連携「Datahub Direct Link」開始

プレイド、データの量や場所を意識することなくデータに基づいた効率的なアクションが可能
よろしければこちらもご覧ください

CX(顧客体験)プラットフォーム事業のプレイドは、Googleのビッグデータ解析サービス「Google BigQuery」に蓄積したデータが、同プラットフォーム「KARTE」に蓄積したデータとシームレスに連携できるサービス「Datahub Direct Link」を正式に始めた、と2月8日発表した。KARTEのオプションで各種データの活用を可能にするサービス「KARTE Datahub」の管理画面で可能。

Google BigQueryを自社で契約する企業向け。企業は膨大なデータを保有し、分析・利用のためのシステムが複雑にからむため、データが分断していることも多く、データ活用の難易度が高いという課題がある。Datahub Direct LinkによってGoogle BigQueryを活用する企業は、データの量や場所を意識することなく、データに基づいたアクションが迅速・効率的に可能になる。

KARTE Datahubの管理画面上にユーザーインターフェースレベルでデータを統合し、ビッグデータの探索と可視化を実現。表計算ソフトのように関数やフィルターを使用したデータの探索やグラフによる可視化が可能になる。KARTE Datahubは、顧客データ、行動データ、オフラインデータなど分断されているデータベースを統合して顧客を深く知り、CX向上につなげるサービス。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アフィリエイト
広告商品の一種。 第三者のブロガーやメディアに商品の宣伝や販促をしてもらい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]