ヴァリューズがマーケターの3C分析リサーチエンジン「Dockpit」の無料版を提供開始

消費者モニター250万人のWeb行動ログデータで競合調査や業界・トレンド分析も簡単に
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング調査とコンサルティングのヴァリューズは、3C(自社・競合・市場)分析ができるツール「Dockpit(ドックピット)」の無料版の提供を始めた、と1月18日に発表した。競合サイトの状況や業界動向把握、消費者トレンドがわかるリサーチエンジンで、直感的なダッシュボード操作による3C分析を無料で体験できる。

 

Dockpitは、ヴァリューズが保有する使用許諾を得た消費者モニター会員250万人のパネルのWeb行動ログデータを使い、分析したいキーワードやサイトURL、業界を入力するだけで3C調査ができる。直感的なUI(ユーザインタフェース)を採用したダッシュボードはレスポンシブ対応で、スマートフォンでいつでもどこでもマーケティング分析ができる。

 

 

膨大なデータは分かりやすくサマリ表示され、概観を把握した後は属性情報でセグメント分けしながら気になる部分を深掘りできるので、限られた時間で多くの情報を必要とするマーケターのリサーチ時間を大幅に削減する。250万人パネルのリアルなオンライン行動のほか性別▽年代▽エリア▽年収などのユーザー属性情報から詳細な3C分析が可能だ。

 

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]