ARカメラアプリ「SNOW」「B612」「SODA」「Foodie」で広告メニューの展開を本格的に開始

SNOW Japan、SPLASH(動画)とPOPUP BANNER(静止画)など提供、実施企業の平均CTRは10.8%
よろしければこちらもご覧ください

スマートフォンアプリ運営のSNOW Japanは、AR(拡張現実)カメラアプリ「SNOW」「B612」「SODA」「Foodie」で広告メニューの展開を本格的に始めた、と1月12日発表した。視認性の高いSPLASH(動画)と、効率的な誘導を可能にするPOPUP BANNER(静止画)などを提供。実施企業の平均クリック率(CTR)は10.8%と誘導効果が高いという。

SNOWは2015年に公開し、世界で4億人が利用。顔認識スタンプが豊富で動物に変身したり、さまざまなフィルターで写真を加工したりできる。B612、SODは写真加工アプリ、Foodieは食べ物の撮影向けカメラアプリ。各アプリはさまざまな用途で利用され、コスメ、ファッション、グルメなどに関心がある女性ユーザーに支持されている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]