「Twitter」の引用リツイートに対応したインスタントウィンキャンペーン機能の提供開始

アライドアーキテクツのTwitterプロモーション統合管理ツール「echoes」、話題性が向上
よろしければこちらもご覧ください

SNSマーケティング支援事業のアライドアーキテクツは、同社が展開する「Twitter」プロモーション統合管理ツール「echoes」で、Twitterの引用リツイート(RT)に対応したインスタントウィンキャンペーン機能の提供を始めた、と11月30日発表した。引用RTによってキャンペーン参加者のコメント付きで情報が拡散されるようになる。

インスタントウィンはその場で当選・落選情報を返信する懸賞。echoesのTwitterキャンペーン機能はRTに対応していたが、引用RTでも可能にした。echoesを活用したRTキャンペーンやRTを条件にするインスタントウィンキャンペーンでユーザーは、RT、引用RTのどちらでも参加可能になる。引用RTはコメントによって話題性が高まる。

Twitter上ではRTを応募条件にするインスタントウィンキャンペーンが多く行われている。しかし引用RTに対応していないキャンペーンでは、引用RTをしたユーザーが応募条件を満たさないとされて抽選の対象外になるケースがあった。本来送信されるはずの当選・落選情報の返信がなく、キャンペーン参加者の体験が損なわれていた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]