ヤフーがデータソリューションにAPI経由でアクセスできる新たなサービス「DS.API」を開始

第1弾でヤフーのビッグデータが調査・分析できる機能が利用可能な「DS.API-INSIGHT」展開
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、同社のデータソリューションサービスで、API経由で同ソリューションにアクセスできる新たなサービス「DS.API」を11月5日に始めた、と同日発表した。第1弾として、ブラウザ上でヤフーのビッグデータ(検索と位置情報)が調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」の機能がAPI経由で利用可能な「DS.API-INSIGHT」の展開を開始した。

DS.API-INSIGHTによって、DS.INSIGHTに直接アクセスしてヤフーのビッグデータと自社のデータを組み合わせて分析するなど、高度なデータ利活用が実現する。DS.INSIGHTは2019年10月に提供を開始。多くの企業や官公庁が利用しているが、DS.INSIGHT単体では企業などが保有するデータとヤフーのビッグデータを組み合わせた分析が難しかった。

DS.API-INSIGHTは、自社のアプリケーションだけでなくDS.APIが連携するBI(ビジネスインテリジェンス)ツール経由でも利用が可能。販売実績など自社データと製品・サービス名の検索推移を定点管理することでプロモーション施策の検討や効果測定に生かせる。DS.API-INSIGHTの料金は、月額基本料10万円と、1リクエスト1円からのAPI使用料。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]