男性用化粧品市場が順調に成長中、しかし若年層男性の購入は減少? その背景にSNSやクチコミ【インテージ調べ】

「男性用化粧品」市場は、40~60代の中高年層による購入が特に拡大させていた。
よろしければこちらもご覧ください

インテージは、「男性用化粧品の市場」について調査結果を発表した。同社の買い物データSCI(全国消費者パネル調査)を使い、全国15歳~79歳の男女52,500人について、消費データ分析を行った。

近年「男性用化粧品の市場」が拡大している。従来ブランドに加え、新ブランドも徐々に増えているし、有名女性用化粧品の高価格帯ブランドのメンズラインが登場。女性インフルエンサーのメイク・美容動画はネットで定番人気だが、男性向け美容品を紹介するインフルエンサーも注目されつつある。

男性用化粧品、もっとも伸びた年代は40~60代、カテゴリは「基礎化粧品」

まず、「男性用化粧品」(男性が自分用に購入しているもの)の市場規模は、じわじわと増加を続けており、2019年の2015年比は109%まで成長している。そのなかでも洗顔クリームや化粧水などの「基礎化粧品」がとくに伸びており、全体の約6割を占めている。成長率も2015年比で115%ともっとも伸長している。

年代別に見ると、40~60代の中高年層による購入率が特に上昇している。一方で、10代はほぼ横ばいながら減少、20代は明確に減少しており、意外にも「男性用化粧品」は若年層では減少している。

そこで男性による「女性用・基礎化粧品」の購入状況を見ると、「女性用・基礎化粧品」の市場も、2015年比で111%まで成長していた。また年代別で見ると、全体で購入率があがっていることに加え、10代・20代の年間購入金額が大きく上昇している。

そこで、男性の基礎化粧品購入金額に占める「女性用」の割合を見ると、10代では66%、20代では55%と、「男性用・基礎化粧品」よりも「女性用・基礎化粧品」が上回っていることが明らかとなった。つまり若年層の「男性用」の購入が下がっていたのは、「女性用」を購入していたためと考えられる。

その理由についてはいろいろ考えられるが、基礎化粧品については性差が少ないこと、女性用のほうがSNSなどでの紹介も多く情報を入手しやすいこと、ラインアップも販売店も男性用より恵まれていることなどがあげられるだろう。今後さらにSNSを通じた「男性用・基礎化粧品」のPRが増加すると考えられる。

調査概要

  • 【調査対象】全国15歳~79歳の男女
  • 【調査方法】SCI(全国個人消費者パネル調査)、パネルモニターによる食品(生鮮・惣菜・弁当などを除く)・飲料・日用雑貨品・医薬品に関する消費者市場動向のトラッキングサービス
  • 【調査期間】2015年~2019年の経年比較
  • 【有効回答数】52,500人
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]