NECがAIによる予測分析自動化「dotData」で新サービス開始、次にするべきことが把握可能

「アクショナブル・インサイト・ビジュアライゼーション」、BIツール「Tableau」と連携
よろしければこちらもご覧ください

NECは、AI(人工知能)を活用して予測分析プロセス全体を自動化するソフト「dotData」の新サービス「アクショナブル・インサイト・ビジュアライゼーション」の販売を10月7日に始めた、と同日発表した。BI(ビジネスインテリジェンス)ツールで過去データを集計・可視化した後の予測分析が、専門の分析者だけでなく現場の担当者でも可能になる。

dotDataは、NECの元開発者が米国に設立した機械学習自動化ソフト開発会社、dotDataのソフト。日本ではNECが独占販売権を取得している。新サービスは、データ分析プラットフォーム事業の米国Tableau SoftwareのBIツール「Tableau」と連携したdotDataの機能を利用。過去のデータをdotDataで分析して業務への迅速な適用を促す仕組みをつくる。

現場担当者は過去の事実だけでなく、何がその事実と深い関係があるかや、それに基づく未来の予測、次にするべきことの示唆が、Tableauのダッシュボードで把握できる。新サービスはプロトタイプ開発と運用の2つのフェーズで構成。課題の確認、業務プロセスの明確化、分析設計の後、dotDataでの予測分析とTableauダッシュボードの開発を行う。

 

アクショナブル・インサイト・ビジュアライゼーションについて

 

Tableauダッシュボード 画面イメージ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]