日本最大級のテレビ視聴データを活用する広告配信サービス 「TVBridge」をSMNが提供開始

大手テレビメーカー500万台のデータとWebやアプリ接触データを集約、広告効果を最大化
よろしければこちらもご覧ください

ソニーグループで広告技術事業のSMNは、広告用途の利用を許諾された国内大手テレビメーカーのテレビ視聴データを活用した広告配信サービス「TVBridge(ティービーブリッジ)」の提供を9月29日から始めた、と同日発表した。テレビ番組とCM、Webメディアを包括的にとらえて、双方の広告効果を最大化し、視聴者に快適で有益な広告の提供を目指す。

 

TVBridge(Connected TV Data Bridge)はソニー、パナソニック、シャープ、東芝映像ソリューションの約500万台(9月29日現在)に上る日本最大級のテレビ視聴データと、SMNが保有するスマートフォンやPCで閲覧したデジタルメディア接触データ(約3.3億ID)をTVBridge DMP(データマネジメントプラットフォーム)に集約して広告配信に生かす。

 

TVBridge Adsによる広告配信では、DSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)の「Logicad」で培った運用実績を活用。視聴データから興味対象を判別し、商材の特性に応じて広告配信する。マーケティングAI(人工知能)プラットフォーム「VALIS-Cockpit」と連携した検証などマーケティングのPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルも行う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]