ユミルリンクがWebアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey」を直感的なUIに

新バージョンを提供開始、レスポンシブデザインや多言語、Google Analytics連携も

メッセージングソリューション事業のユミルリンクは、Webアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey(キューノートサーベイ)」のUI(ユーザーインターフェース)を刷新して新機能を追加した新バージョンの提供を9月14日から始めた、と同日発表した。操作性が向上して使いやすくなり、多言語に対応した。

 

Cuenoteはメール・SMS(ショートメッセージサービス)配信を主軸にしたクラウドソリューション。Cuenote Surveyの新バージョンは、アンケート・フォームを直感的な操作のUIでイメージを確認しながら作成できる。デザインは多数のテンプレートを用意し、HTMLやCSSなどソースをリアルタイムで反映するプレビュー画面を見て編集できる。

 

PCやスマートフォンなどデバイスを選ばないレスポンシブデザインに対応。さらに英語▽韓国語▽中国語(簡体・繁体)の多言語に翻訳してアンケート・フォームを作成でき、アクセス解析ツール「Google Analytics」と連携した計測機能も追加した。回答結果の統計データを確認するレポート画面は棒グラフや円グラフの表示切り替えが可能になった。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

MSNbot
関連語 の「ロボット」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]