「アフターコロナ時代」の情報発信力評価「企業公式サイト運用診断プログラム」開始

トライベック・ストラテジー、サイト運用体制や品質向上の取り組みを多面的視点で分析
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援事業のトライベック・ストラテジーは、新型コロナウイルス終息後の「アフターコロナ時代」での企業の情報発信力を評価・分析するサービス「企業公式サイト運用診断プログラム」を6月9日に始めた、と同日発表した。企業公式サイトの運用体制や品質向上の取り組みを多面的な視点で分析する。

アフターコロナ時代は生活様式が大きく変化。コミュニケーションはデジタル中心になり、企業公式サイトはリモート・分散を前提に効率的な運用が求められる。プログラムは企業の情報発信のあり方の見直しを支援し、ガバナンス(企業統治)強化の企業視点と、顧客コミュニケーション向上のユーザー視点で課題を分析する。


企業公式サイト運用診断プログラムの評価軸

ヒアリングシート記入、ヒアリング実施、評価・分析、レポート作成、報告会--の流れでサービスを提供。企業視点では体制・基盤、BCP(事業継続計画)対応・セキュリティを、ユーザー視点ではサイト品質・効率化、PDCA(計画・実行・評価・改善)を評価する。課題を踏まえ、具体的な改善策や運用支援も提案する。



よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]