野村IRがグローバルナビを一括管理する「グロナビ管理 on ShareWith」の提供開始

サイトのヘッダやフッタ、ドロップメニューなど共通要素の修正管理の煩雑さから解放
よろしければこちらもご覧ください

野村グループで総合IR支援の野村インベスター・リレーションズ(IR)は、クラウドCMS(コンテンツ管理システム)の「ShareWith」で新サービス「グロナビ管理 on ShareWith」の提供を始めた、と4月20日に発表した。企業サイトのヘッダ▽フッタ▽グローバルナビゲーション▽ドロップメニューなどの共通要素を一括管理できる。



一括管理が可能になる主な共通要素は、サイトのヘッダ(グローバルナビゲーション、ドロップメニュー)▽フッタ(フッタサイトマップ、フッタリンク)▽緊急告知エリア▽サイト全体共通バナー▽クッキー取得同意パネル(GDPR=EU一般データ保護規則=対応)など。グロナビ管理で一挙にコントロールできるので、サイト管理の生産性が向上する。

企業サイトは、広報▽IR▽採用▽製品サービス部門など複数の部門にまたがり、各部門が別々の制作会社に更新を委託する複雑な運営体制になりがち。サイトの共通要素の修正はCMSによる全体管理が及びにくく、社内外への依頼・調整、確認の煩雑な作業が必要だった。グロナビ管理は、サイト管理者のこうした重い負担を解消する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]