感情を数値化した動画検証ツール「PlayAds byGMO」の提供開始、動画広告作りを支援

GMOプレイアドとGMOリサーチが共同開発、動画広告の本編制作の工数削減

GMOインターネットグループで動画マーケティングのGMOプレイアドは、動画広告の検証ツール「PlayAds(プレイアズ) byGMO」の提供を3月16日から始めた、と同日発表した。どの場面に共感したかなど感情を可視化することで、より効果的な動画広告作りを支援する。ネットリサーチ事業のGMOリサーチと共同開発した。

動画の感情取得技術は国内初で、特許出願中。PlayAdsで配信した動画に重ねて表示されるボタンの押され具合を1秒ごとに取得する。二つのコンテ(動画案)を作って反応を見るABテストで事前評価できるので、プランニングから本編制作までの工数を削減できる。

GMOリサーチのデジタルマーケティング効果測定・分析システム「JAPAN Cloud Panel」と連携して、日本最大級の1795万人以上のモニターを年齢層や居住地、性別などセグメント別に調査し、動画の反応や影響力を定量的に比較できる。料金は、新規登録から2カ月間無料のフリープランと、定額制で半年単位契約のベーシックプラン、従量課金制のスポットプランがある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]