チームコミュニケーションクラウド「Buddycom」がビジネスコラボハブ「Slack」と連携

サイエンスアーツと米国Slack、Buddycomで話した内容をSlack上で文字化して共有可能に

クラウドサービス・ソフト製品のサイエンスアーツは、同社が提供するチームコミュニケーションのクラウドサービス「Buddycom(バディコム)」が、米国Slack Technologiesのビジネスコラボレーションハブ「Slack」と連携を始めた、と1月7日発表した。Buddycomで話した内容をSlack上で文字化して共有できるようになった。

Buddycomは、話した内容をリアルタイムに文字化して共有でき、現場の業務コミュニケーションを効率化する。アプリ画面のトークボタンを押すか、スピーカーマイクなどの周辺機器を使う。Slackではこれまで、文字を打つのに時間がかかったり、業務中はスマートフォンに触れられなかったりするケースが指摘されていた。

連携によって、Buddycomやスピーカーマイクで話した内容がリアルタイムにSlack上でテキスト化され、情報の共有が可能になった。現場の担当者はテキストベースの煩わしいコミュニケーションの時間がなくなり、業務の効率化と生産性向上につなげられる。今後、Buddycomで送った画像のSlackでの共有なども可能にする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]