オプトがAuto Tagging AIで広告クリエイティブ運用改善の高速化を実現

分析にかかる工数の大幅な削減を実現し、広告の費用対効果を向上
よろしければこちらもご覧ください

タグ付与イメージ


デジタルマーケティングのオプトは、広告クリエイティブを自動分類するAuto Tagging AI技術により、広告クリエイティブの運用改善を高速化する仕組みを構築した、と8月21日発表した。分析にかかる工数の大幅な削減を実現し、広告の費用対効果を向上していくという。

従来の分析では、クリエイティブディレクターやデザイナー個人の知識や知見に依存した属人的な分析に頼るところが多く、分析のためのレポート作成に多くの時間がかかっており、クリエイティブの運用改善を迅速に行う上でボトルネックとなっていた。

Auto Tagging AIでは、過去の制作知見に基づいたクリエイティブ要素を自動分類し、広告効果と紐付けた分析が即時で可能となる。クリエイティブ運用において大きな業務割合を占める分析業務の約30%が削減され、クリエイティブ運用改善の高速化が可能となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]