AMNがパーソナライズド動画生成ソリューション「PRISM」のクリエ・ジャパンを子会社化

次世代モバイル通信「5G」の本格普及を控えて動画を軸にするファン育成支援体制を構築

企業・ブランドのファン育成支援を行うアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は、パーソナライズド動画生成ソリューションを展開するクリエ・ジャパンの全株式を取得して子会社にする、と6月26日発表した。大容量データの高速通信可能な次世代モバイル通信「5G」を控え、動画を軸にしたファン育成支援体制を構築する。

クリエ・ジャパンは、顧客に応じて動画を最適化するパーソナライズド動画ソリューション「PRISM」を提供し、動画を活用した1対1のマーケティングを支援している。PRISMは、ユーザー情報に基づいてサーバー上で自由に動画を組み合わせて合成することで、ユーザーの特性に合わせた動画が大量・リアルタイムに生成できる。

 

 

 

PRISMを導入した企業は、自社サービスのユーザーの登録内容や利用実績を基にコミュニケーションする際、ニーズに沿った動画が活用できるようになり、購買促進や解約率低下につなげられる。5Gは2020年に本格普及が始まり、動画でのコミュニケーション拡大が見込まれることからAMNは、クリエ・ジャパンを子会社化する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

サイト年齢
そのWebサイトが開設されてから、またはドメイン名が登録されてから、どれだけ時間 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]