オロが米国SemrushのSEMツール「SEMrush」の日本語対応を開始、2019年内に全機能に

デジタルマーケティングの各種機能を装備、競合分析・SEO対策・広告効果改善を実現
よろしければこちらもご覧ください

ビジネスソリューション事業のオロは、SEM(検索エンジンマーケティング )ツールを展開する米国Semrushの同ツール「SEMrush」の日本語対応を始めた、と2月12日発表した。SEMrushの日本への本格進出に伴って開始した。現在、全機能の約30%が対応していて、2019年内に段階的に全機能にする。

SEMrushは、デジタルマーケティングに必要な各種機能を備えるSEMツールで、競合分析、SEO(検索エンジン最適化)対策、広告効果改善を実現。ウェブプロモーションを行うウェブマーケティング担当者や広告代理店、アフィリエイト事業者の課題を解決する。世界で300万ユーザーの利用実績がある。

SEO対策に関しては「Keyword Magic Tool」と呼ぶ機能で指定したキーワードに関連するワードを自動抽出する。関連ワードをグルーピングし、グループごとの検索量、競合性、推定クリック単価からSEO対策やリスティングに適切なキーワードを選別する。料金は月額99.95ドル(約1万1000円)から。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]