CMSプラットフォーム「Movable Type 7」をアップデート、企業向けの上位版も提供開始

シックス・アパート、アップデートでは管理画面をスマートフォンやタブレットに最適化
よろしければこちらもご覧ください

CMS(コンテンツ管理システム)と関連サービスを展開するシックス・アパートは、同社のCMSプラットフォーム「Movable Type 7」をアップデートするとともに、Movable Type 7を基にした企業向け上位版「Movable Type Advanced」の提供を始めた、と1月16日発表した。アップデートでは管理画面をモバイル機器に最適化した。

Movable Type 7は2018年5月に販売開始した。多種多様なコンテンツをその形式ごとに分類して管理し、受け手の機器やメディア環境に応じて提供できる「コンテンツタイプ」と呼ぶ機能を加えた。今回のアップデートでスマートフォンやタブレットなどで管理画面を閲覧した際に見やすくすると同時に、操作性を向上させた。

 

コンテンツデータの作成・管理、記事の作成・管理、ウェブページの作成・管理、カテゴリ・カテゴリセットの管理などがモバイル機器から可能。「PC表示」に切り替えると、全ての機能が利用できる。Movable Type Advancedは「Oracle」「 Microsoft SQL Server」といった商用データベースへの対応などの機能を追加した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]