OOH広告の買付や配信をGoogle Marketing Platformから、電通とCCIが都内で実証実験

都内の屋外・主要駅のデジタルサイネージ274面の自動的な広告売買・配信の実証実験開始

電通とサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、OOH(屋外/交通)広告における新たな取り組みとして、グーグルが提供するGoogle Marketing Platformを活用し、都内の屋外・主要駅のデジタルサイネージ合計274面の自動的な広告売買・配信の実証実験を開始した、と1月21日発表した。

実証実験では、Google Display & Video 360とGoogle Ad Managerを連動することにより、広告枠の購入・配信などが自動的、一元的に管理できる仕組みをOOH広告でも実現する。Google Marketing Platform上で、デジタル広告とOOH広告両方の買い付けが可能となるため、ワークフローの効率化や予算の一元管理化といった点がメリットになる。

掲出面は「パス・コミュニケーションズ(渋谷109フォーラムビジョン、原宿表参道ビジョン)」「パルコ」「三井不動産」「スタジオアルタ」「メトロアドエージェンシー」「京王エージェンシー」などが管理する媒体となる。また、媒体社への配信システムは、ニッポンダイナミックシステムズが協力している。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]