ユニヴァ・ペイキャストの入力支援「Gyro-n EFO」がB-Storyの企業検索「ST&E」と連携

ユーザーの入力の手間を軽減、単体でのコンバージョン率改善効果に加えて利便性が向上
よろしければこちらもご覧ください

ウェブマーケティングソリューション事業のユニヴァ・ペイキャストは、同社のフォーム入力支援ツール「Gyro-n(ジャイロン)EFO」が、マーケティング支援のB-Storyが展開する企業検索ツール「ST&E(スタンディ)」と連携を始めた、と12月6日発表した。入力の負荷を減らし、コンバージョン(最終成果)率が高められる。

ST&Eは、ユーザーがエントリーフォームに自社の企業名を入力する動作の初期段階で正規化した企業情報を自動で入力する。国税庁が保有する約430万社、企業公式サイト約44万社、約100万の拠点情報がデータベースに含まれる。企業名、郵便番号、住所、電話番号など会社情報を入力する際のユーザーの手間を軽減する。

Gyro-n EFOは、既存のウェブサイトにタグを埋め込むと利用できるクラウド型のエントリーフォーム最適化ツール。ST&Eと連携してフォームに導入することで、Gyro-n EFO単体でのフォーム入力アシストによる途中離脱防止・コンバージョン率改善の効果に加え、企業情報の入力を含むフォームでユーザーの利便性が高まる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]