Eストアーがショッピングカート「ショップサーブ」利用企業にSSL証明書を永久無料提供

危険警告表示への対応は96.9%の顧客が準備完了、電子認証子会社が発行の証明書を採用

ECサイト構築・インターネット通信販売支援のEストアーは、同社が展開するショッピングカートシステム「ショップサーブ」の利用企業に対し、実在を証明するSSL証明書を永久に無料で提供する、と8月28日発表した。9月に強化される常時SSLサイトではないサイトの危険警告表示への対応は、96.9%の顧客で準備が整った。

ショップサーブ使用事業者の安全機能強化の一環となる。これまでもクレジットカード業界のセキュリティ基準のPCIDSS対応などを進めてきた。Eストアーが設立した電子認証子会社のクロストラストが発行する証明書を採用している。同社は通信の暗号化や企業の実在を示すSSL/TLSサーバー証明書発行事業を8月6日に始めた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]