Criteo、2,000万ユーロを投じ、次世代のデジタル広告テクノロジーを研究・構築する「AIラボ」をパリに設立

汎用性と透明性を確保したユーザー中心型の機械学習モデル構築に向けた研究に取り組む
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のCriteoは、デジタル広告における機械学習技術の構築、実験、大規模導入のための研究開発拠点「Criteo AIラボ(AIラボ)」を6月28日、パリに設立した、と7月5日発表した。CriteoはAIラボに、3年間に渡り2,000万ユーロ(約25億円)を投資し、汎用性と透明性を確保したユーザー中心型の機械学習モデルの構築に向けた研究に取り組むという。

Criteoが新しく設立したAIラボでは、デジタル広告におけるパフォーマンス測定やベストプラクティスにおける業界標準の策定に向けた実験を実施するほか、データの適正な利用と社会的責任に関する議論をけん引していく。AIラボは、業界全体でイノベーションを推進する研究結果を発表する。

AIラボは、AIおよび機械学習のメリットの業界普及を目指すCriteoの取り組みをリードし、業界全体のための教育的リソースやトレーニング教材、研究レポートを開発する。また、デジタル広告業界の未来のために、ツールをオープンソース化するだけでなく、さまざまな形式で成果を公表していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス