ストロボが企業の既存メディアの成果をさらに上げる「セカンダリオウンドメディア運用支援サービス」を提供開始

「事業の再成長」と「現サイトの成果下落リスクヘッジ」を目的としたサービス開始
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業のストロボは、既存デジタルメディアのさらなる事業成果創出のためのオウンドメディアマーケティング「セカンダリオウンドメディア運用支援サービス」を開始する、と5月1日発表した。既に検索上位を獲得できているメディアには、多くの場合、「検索順位面での伸びしろの減少に伴う成長率の鈍化」「何かしらの要因で検索順位評価が下落した際のリスクヘッジ」といった課題が存在する。そこでストロボでは、「事業の再成長」と「現サイトの成果下落リスクヘッジ」の両面を目的とした、 新たなオウンドメディアの立ち上げ及びグロースハックサービス「セカンダリオウンドメディア運用支援サービス」の提供を開始することにした。

セカンダリオウンドメディア運用支援サービスの内容は、「新たなセカンダリメディア(=オウンドメディア)でも成果を出すために、当社独自のメディア設計を実施」「セカンダリメディアでさらなる成果創出をすることで、鈍化してしまった本体メディアの再成長を目指す」「本体メディアのSEO成果悪化などによる事業成果毀損リスクを低減するための、具体的な対策の提案」「クライアント社内における独自の編集体制構築も支援。今後のさらなるメディア展開に対する知見や再現性の獲得が可能に」などとなっており、既に展開している「本体メディア」とは別に新たにセカンダリメディアを立上げ運用からグロースハックまでを一括して対応する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]