ロフトワーク、企業がコンペを実施できるオンライン審査プラットフォーム「AWRD」提供開始

国内外さまざまな領域のクリエイターと共に、ビジネスや社会との化学反応を生み出す
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/4/24 13:37

Webコンテンツデザインのロフトワークは、同社のクリエイターコミュニティ「loftwork.com」が新たに共創コミュニュティ「AWRD(アワード)」へと生まれ変わり、コンペティションやハッカソン(ソフトウェア開発者が一定期間集中して開発を行う共同作業)を実施するためのオンライン審査プラットフォームになった、と4月20日発表した。ロフトワークはAWRDを通じて、国内外さまざまな領域のクリエイターと共に、ビジネスや社会との化学反応を生み出していく。

AWRDはクリエイターが応募しやすく、主催者が審査しやすい、シンプルなオンラインプラットフォームとなっている。特徴は「グローバルで多様なクリエイターコミュニティ」「スマホで応募・審査可能なプラットフォームで、煩雑な事務局業務やコストを軽減」「アワードだけでない、プロジェクトのインパクトを最大化する仕組みのデザイン」など。独自のテーマで作品を募集し贈賞する仕組みのため、あらゆる領域・表現の作品が集い、テーマに対する様々な視点を発見することが期待できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]