博報堂アイ・スタジオとウェブレッジ、Webサイトの長期的な品質管理を行う「QC-ACTIVE」提供開始

想定できる脅威や長期運用時のリスクを事前に想定・対応する予防安全を実現

博報堂アイ・スタジオとITサービス支援のウェブレッジは、業務提携してWebサイトの企画・制作の品質向上と安定した長期運用までを可能にする品質管理ソリューション「QC-ACTIVE(キューシーアクティブ)」の提供を4月23日に開始した、と同日発表した。安全なデータ流通・利活用に多くの企業が課題を抱えている。QC-ACTIVEは想定できる脅威や長期運用時のリスクを事前に想定・対応するアクティブセーフティ(予防安全)を実現する。

QC-ACTIVEは、回帰テスト(リグレッションテスト=プログラムに手を加えたことによる影響の確認)もプロジェクト段階で計画することにより、運用時のセキュリティアップデートの効率化を行う。サイトの規模やサイトの要件を考慮した品質計画を立てることにより、過剰な品質や際限のないセキュリティ対策費を削減する。構築(投資フェーズ)に対してコストを振り分け、運用(回収フェーズ)のコストを下げることにより、全体のライフサイクルコストを抑制することができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]