中国検索サービス大手の百度(Baidu)日本法人のバイドゥが中国向けの動画広告を強化

動画検索プラットフォーム「百度ビデオ」とグループの動画サイト「iQiyi」で展開
よろしければこちらもご覧ください

中国検索サービス大手、百度(Baidu)の日本法人、バイドゥは、中国向け動画広告を強化した、と4月16日発表した。中国百度が運営する動画検索プラットフォーム「百度ビデオ(百度視頻)=video.baidu.com」と、百度のグループ会社で同国トップシェアの動画サイト「iQiyi(愛奇芸)=www.iqiyi.com)」での取り扱いを始めた。動画が始まる前に流すプレロール広告となる。

中国人を対象にする日本企業の動画広告ニーズの拡大と、中国での大画面スマートフォンの普及に伴う動画視聴の広がりを受けた。百度ビデオはiQiyiや、中国動画共有サイトの「YOUKU(優酷)」「TUDOU(土豆)」をはじめ40媒体以上の無料動画が視聴できる。2016年の動画検索数は200億回を超えているという。iQiyiはユニークデバイス数やユニークユーザー数で同国最大を誇る。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]