アイレップが「Instagram」のアカウント運用最適化サービス「Social Dig Visual」開始

ターゲットユーザーに沿うとともにInstagramの世界観に合ったコンテンツを制作・発信
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングのアイレップは、写真共有アプリ「Instagram」のアカウント運用を最適化するサービス「Social Dig Visual」を始めた、と3月29日発表した。ターゲットユーザーに沿うとともにInstagramの世界観に合ったコンテンツの制作・発信を可能にする。商品・サービスとマッチする複数のペルソナ(人物モデル)を設定し、市場データ・調査データなど外部データでペルソナを明確化。ユーザーの購買行動プロセスで求められる情報を把握して最適なコンテンツ制作を実現する。

企業のマーケティング活動でInstagramが重要になっていることから展開する。制作コンテンツは、Instagram独自設計フレームワーク「IG Dimensions」を活用し、ビジュアル化、ハッシュタグ(「#」を付けるキーワード)設計、インスタグラマー(影響力があるInstagram利用者)によるコンテンツプランニングを行う。ビジュアル化では、Instagramの世界観として受け入れられやすい切り口を抽出してコンテンツに融合する。コンテンツプランニングはユーザー起点のコンテンツ制作につなげる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]