GMOペパボがレンタルサーバー「ロリポップ!」に「コンテンツキャッシュ機能」導入

まずβ版の無料提供を開始、「WordPress」のサイト測定でパフォーマンスが約24倍向上
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング・EC支援のGMOペパボは、同社のレンタルサーバーサービス「ロリポップ!」で、ウェブサイトの速度表示を高速・安定化させる「コンテンツキャッシュ機能」のβ版の無料提供を3月27日に始めた、と同日発表した。提供に先立ち、CMS(コンテンツマネジメントシステム)「WordPress」で作成したウェブサイトを測定したところ、同機能の利用でパフォーマンスが従来環境の約24倍向上することを確認したという。まず上位プランの「エンタープライズ」向けとなり、4月上旬に「スタンダード」、同月中旬に「ライト」を対象に開始する。

コンテンツキャッシュ機能は、ウェブサイトのコンテンツをキャッシュサーバーに一時保存し、サイトへのアクセス(リクエスト)があった時にキャッシュサーバーからコンテンツを配信する。そのため、従来発生していたコンテンツ表示までの待機時間や、他のユーザーのサイトへのアクセス集中の影響に伴う表示の遅延といった問題が解消できる。WordPressのコンテンツ管理画面のような機密性が高いページはキャッシュサーバーに保存しないよう自動判別して保護する。正式版はβ版開始から1ヵ月以内をめどに目処に導入する。無料で利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]