さくらインターネットがレンタルサーバーの新機能「バックアップ&ステージング」開始

データベースや「WordPress」などのサイト構成情報をスナップショットでバックアップ
よろしければこちらもご覧ください

インターネットインフラサービスのさくらインターネットは、レンタルサーバーの新機能で「バックアップ&ステージング powered by Snapup」の提供を1月25日に始める、と1月18日発表した。ウェブサーブス運営のユニマルと提携し、同社が開発したサーバー管理ツール「Snapup」をレンタルサーバーのコントロールパネルから利用できるようにする。「さくらのレンタルサーバ」「さくらのマネージドサーバ」が対象になる。サーバーの料金だけで使用が可能。スナップショット、ステージング、リリースの各機能がある。

スナップショット機能はサイト情報、データベース、コンテンツ管理システム(CMS)「WordPress」などのウェブサイトを構成する情報が、その時点のコピーデータを作成・保存するスナップショット単位でバックアップできる。最大8つを定期的に自動作成する。更新ミスがあってもスナップショット取得時のデータで復旧する。ステージング機能は、公開前のサイトや既存サイト更新の動作テストを実施するステージングサーバーが簡単な操作で作成・利用でき、確認が完了したサイトはリリース機能でそのまま公開可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]