さくらインターネット、アクセス集中によるHTTP 503エラーを回避する「リソースブースト」機能を追加

突発的なアクセス集中などに対し、これまでの数倍のアクセス処理能力を実現
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、レンタルサーバーサービスの「さくらのレンタルサーバ」などにおいて、トラフィックの制限値を一時的に緩和する「リソースブースト」機能を4月22日より提供開始した、と同日発表した。突発的なアクセス集中などに対し、これまでの数倍のアクセス処理能力を実現する機能で、キャンペーンやニュースポータルサイトで紹介されるなど、アクセス集中があった場合、一時的にサーバーにアクセスできないことを示す「HTTP 503エラー」を回避することができる。

リソースブースト機能は、無料で利用でき、ユーザー自身がコントロールパネルからワンクリックで機能を有効にできる。有効期間は最大3日間。リソースブーストを利用すると、1ヵ月分のCPU使用時間や転送量などを可視化したリソースグラフも提供する。対象となるのは「さくらのレンタルサーバ」の「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプロ」の全プランと「さくらのマネージドサーバ」となっている。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

リソースブースト
http://www.sakura.ne.jp/resourcesboost.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]