電通がAIの活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI」を立ち上げ

社内の専門家で構成、マーケティング・生産性向上・新規ビジネスでサービスを開発

電通は、人工知能(AI)の活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI(エーアイ・ミライ)」を立ち上げた、と1月16日発表した。社内の各プロジェクトで開発・運用している最先端のAIのノウハウと、社外とのネットワークを集める。クリエーティブ、メディア、情報システム、働き方改革などでAIを生かしている社内40人の専門家で構成。これまでAI関連プロジェクトを20件以上行い、現場でも利用が浸透してきたため、相乗効果を高めることにした。

AI MIRAIは当初、AIによる高度なマーケティングサービスを提供する「AI MIRAI Marketing」、生産性向上やワークスタイル変革を支援する「AI MIRAI Workstyle」、パートナー企業との協業で新規ビジネス開発を進める「AI MIRAI Business」の3分野でサービス・ソリューションを開発する。電通は同日、手書き文字認識の特許を持つAI事業のAI insideと業務提携した。AI領域で共同研究を実施し、マーケティング、業務効率化、ビジネス開発を顧客企業に展開する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]