Twitter、月額9,900円でツイートを自動的に広告する「オートプロモート」国内サービス開始

月額9,900円の予算内で、その日つぶやいたツイートを順番に10件まで自動的に広告

Twitter Japanは12月6日、月額9,900円で利用できる広告商品「オートプロモート」の日本語版サービスを提供開始した。

オートプロモートは米国と英国で先行していた広告商品で、その日つぶやいたツイートを順番に10件まで自動的に広告する。日常的にツイートしているアカウントなら、初期設定さえ済めば広告クリエイティブや細かな予算設定をすることなく、定額で広告を開始できる。

具体的には、ユーザーのタイムライン上でツイートを宣伝する「プロモツイート」と、おすすめアカウントを宣伝する「プロモアカウント」に予算を自動的に割り振り運用する。

オートプロモートのターゲティング設定は「興味関心」と「地域」の2種類、サービス開始時点では掛け合わせに対応していない。実際は9,900円よりも多めに広告が出るという。

用途として次のようなことが考えられる。

  • アカウント開設初期のフォロワー獲得を加速する
  • Twitter広告をテスト的に運用して効果を検証する
  • 小さなプロジェクト単位で手間なく運用する

たとえば、店舗ごとにアカウントを持つ企業がそれぞれの告知に利用するといった場合に、月額固定費かつ自動運用なら小さくスタートしやすい。

ただし、広告するツイートは投稿順になるため「おはようございます」といった内容も拡散される。どちらかというと、複数の会話から成り立つツイートよりも、1つのツイートで情報が完結するプロモーション型や情報発信型のアカウントの方が運用に向いている。


オートプロモートのダッシュボード、広告経由のフォロワー獲得効果などがわかる

すでに投稿されたツイートを宣伝する手法としては「クイックプロモート」も提供されている。数クリックの簡単操作、低予算で運用開始できるが、ツイート1つひとつを選び、予算やターゲティングを設定する必要がある。また、運用が数日の短期間であるため、自動最適化が効きにくかった。一方、オートプロモートは1か月間運用するため、手軽なことに加えて自動最適化が効きやすいという利点がある。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]