マクロミルがWeb接客ツール「f-tra CTA」を導入、新規獲得と既存モニターの回答率向上に活用

ユーザーをセグメント分けしてユーザーニーズごとに異なるメッセージを見せることでそれぞれの行動を促進

エフ・コードは、同社が提供するWeb接客ツール「f-tra CTA」を、インターネットリサーチ事業のマクロミルが導入したと11月30日に発表した。

f-tra CTAは、ユーザーの情報や行動から適切な情報をポップアップバナーなどでタイミング良く提供するWeb接客ツール。

マクロミルはアンケートに回答するモニターの新規獲得や既存モニターの回答率の向上など、よりリサーチの品質を高めるための施策を検討していた。同ツールを導入することで、次の2つの施策に取り組む。

  • 新規モニター登録数増加
    サイトに来訪したユーザーをセグメント分けし、会員登録前のユーザーには登録するメリットを訴求。会員登録を完了しているユーザーには新規会員を紹介するとポイントが付与されるキャンペーンを紹介する。

  • 既存モニターの調査参加率(アクティブ率・回答率)向上
    登録から一定期間経過すると徐々に利用率が低下する傾向がある。会員登録後にスマートフォン用アプリのダウンロードを進めることで、既存会員を回答に誘導する。

「f-tra CTA」導入後のUI導線
「f-tra CTA」導入後のUI導線
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]