丸井グループがオムニチャネル事業を強化、アドビの「Adobe Experience Manager」を導入

時間やコスト、作業効率の課題を解決するためにアドビのソリューションを導入
よろしければこちらもご覧ください

丸井グループは、オムニチャネル事業強化の一環として、アドビシステムズのWebコンテンツ管理ソリューション「Adobe Experience Manager」と、パーソナライゼーションソリューション「Adobe Target」を9月末に導入する、と9月7日発表した。丸井が現在運用しているWebマーケティングツールは、データ解析とパーソナライズ(コンテンツの最適化)の仕組みが分離しており、データ解析をベースとした、最適なコンテンツの制作・配信に要する時間やコスト、作業効率の面で課題があった。Adobe Experience ManagerとAdobe Targetは、課題を解決するために導入した。

以前から導入していた分析ソリューション「Adobe Analytics」に加えAdobe Experience ManagerとAdobe Targetを導入したことで、データ解析とパーソナライズが連動した、誰でも運用できる平易なツールへ転換し、顧客の購買動向の変化に合わせて、スピーディに対応できる体制を整えていく。今後、丸井ではアドビの支援を受け、Web制作の基礎からWebトラフィックの解析、コンテンツ運用など、グループの社員向けにカスタマイズした、デジタルマーケティングの実践を学べる講座を導入していくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]