サイバー・バズが「Instagram」の企業アカウント運用代行を開始、ニーズに応じて運用

画像やテキストの投稿・ハッシュタグ設計や効果検証を実施、独自分析ツールでレポート

インターネット広告のサイバーエージェントの子会社でソーシャルインフルエンサー(購買活動に影響力がある人)事業のサイバー・バズは、スマートフォン向け写真共有アプリ「Instagram」の企業アカウント運用代行サービスを始める、と8月9日発表した。制作画像やテキストの投稿、ハッシュタグ(検索用キーワード)設計や効果検証を実施する。Instagramに投稿された写真から選定して利用承諾を得たうえで投稿するなど、企業のニーズに応じて戦略的に運用を代行する。

投稿代行は、効果指標などのヒアリングの後に運用プランを立案し、投稿するテキストやハッシュタグ設計、配信を行う。写真の投稿は、サイバー・バズがネットワーク化したインフルエンサーを活用する。広告色がないユーザー視点の画像が配信できる。加えて、Instagram上に投稿された中で案件に合った写真を選んで投稿する。独自のinstagram分析ツール「i-Analyzer」で詳細にレポートし、リーチフォロワー数、総「いいね」・コメント数や競合分析などが可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]