アライドアーキテクツが企業のSNS運用支援専門組織「エンゲージメントセンター」設立

効果的な活用と成果拡大が目的、最新動向の収集・分析と最適な運用の体系化などを実施

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)マーケティング支援のアライドアーキテクツは、顧客企業のSNS運用支援に特化した専門組織「エンゲージメントセンター」を設立した、と6月16日発表した。SNS運用ニーズの高まりを受け、企業のSNS公式アカウントの効果的な活用と成果拡大を目的にする。これまで蓄積してきたSNS運用のノウハウを集約するとともに、進化を続けるSNS業界の最新動向を収集・分析。最適なSNS運用の体系化と研究・開発を実施する。

エンゲージメントセンターはSNS運用支援に特化した横断型組織で、アライドアーキテクツがSNSマーケティング専業会社として4000社以上支援してきた実績を生かす。SNSの利用規約やシステム仕様変更など最新動向の把握と対応方法の分析▽SNS各社の新機能・新サービスの情報整理と発信▽企画・戦略立案、目標設定、レポーティングなどSNS公式アカウントの運用代行▽執筆・撮影・編集など投稿コンテンツの制作▽運用担当者の育成、人員派遣--を行う。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]