メタップスとみずほFG・みずほ銀行などがフィンテックを活用した決済せービスで提携

決済ウォレットアプリ事業の新会社設立、ビッグデータ解析でのマーケティングも展開
よろしければこちらもご覧ください

決済プラットフォーム・データ分析のメタップスは、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)、その傘下のみずほ銀行、投資アドバイザー事業のWiLと、フィンテック(ファイナンス・テクノロジー=金融技術)を活用した新たな決済せービスの提供を目的に4月14日に資本・技術提携した、と同日発表した。ビッグデータを生かした決済ウォレット(財布)アプリ事業を展開する新会社「エムウォレット設立準備」を5月1日にメタップスと同じ東京・西新宿に設立する。出資構成は協議する。夏の事業開始を予定している。

メタップスが保有するオンライン決済・ビッグデータ解析、スマートフォンアプリ事業の知識と、みずほFG、みずほ銀行が持つ金融顧客基盤、金融サービスの経験を合わせる。WiLはフィンテックサービスの情報と事業プロデュースで支援する。新会社は、決済ウォレットアプリ事業と決済データを活用したマーケティング事業を行う。銀行口座から直接チャージできる電子マネーの発行、電子マネーを使った決済ウォレットアプリの提供、ビッグデータの解析で利用者と加盟店とをつなぐ最適なマーケティングを計画する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]