ISP業界8社の平均NPSは-53.5ポイント、トップは「eo光」の-31.4ポイント

NTTコム リサーチ、ブランドについて推奨者は批判者と比較して約6倍の口コミを発信

NTTコミュニケーションズグループでデジタルマーケティング基盤構築運用支援のNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、同社のインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」(旧「gooリサーチ」)で、登録モニターのインターネットサービスプロバイダ(ISP)利用者に対し、顧客ロイヤルティ(愛着度)を測る指標「NPS」のベンチマーク調査を行い、2月15日に結果を発表した。対象にした8社のISPでトップは関西電力系のケイ・オプティコムが提供する「eo光」だった。

調査は2016年9月29日~10月4日にインターネットで実施し、2250人が答えた。NPSはネットプロモータースコアの略で「友人や同僚に薦めたいか」という質問への回答結果を基に推奨者、中立者、批判者に分類。推奨者の割合から批判者の割合を引いた数値が推奨者の正味比率を表すNPSとなる。NPSトップのeo光は-31.4ポイントで、2位の企業は-48.6ポイント、最下位企業は-66.2ポイント、平均は-53.5ポイントだった。全体の39.9%の回答者が推奨度で「どちらともいえない」を選択している。

「ブランドイメージ」「問い合わせ時の応対の良さ」など11の要因別に重要度と満足度を調べたところ重要度に比べて満足度が低く、「コストパフォーマンス」「通信速度」「通信の安定性」でギャップが大きかった。自由記入の推奨理由は各社で異なり、eo光は料金体系の分かりやすさや、電気や電話などとのセット利用が挙げられた。該当ブランドについて「ポジティブな口コミを何人に伝えたか」の質問では推奨者は平均1.7人と、批判者の平均0.3人と比較して約6倍の口コミを発信していた。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]