NTTデータがソーシャルメディアでの観光スポットの話題量を測定する新サービス開始

「Twitter」全量データとディープラーニングなどで30万件の観光スポットを自動抽出

NTTデータは、ソーシャルメディアでの観光スポットの話題量を測定する新たなサービスを2月15日に始めた、と同日発表した。国内旅行やインバウンド(訪日外国人旅行)観光向けで、旅行・観光業界や地方自治体などを対象に展開する。「Twitter」の全量データ、ディープラーニング(深層学習)技術と、Twitterのアカウントを機械学習エンジンや言語解析エンジンで分析するNTTデータのプロファイル推定エンジンを組み合わせ、30万件の観光スポットを自動で抽出する。従来は表記の揺れや略称から正確な解析が難しかったが、正式名称にマッチングする。

このサービスは、NTTデータが保有する全言語のTwitterデータを対象に、日本の観光スポットや観光コンテンツに関する話題量を計測する。話題になっている観光スポット・観光コンテンツがどのような国籍、年代、性別、嗜好(しこう)性のユーザーに取り上げられているか把握でき、国内の隠れた観光資源の発掘にもつながる。78ヵ国・地域のユーザーを分析するため、インバウンド向けデータにも利用が可能になる。旅行中に加えて旅行前や後の投稿を解析し、訪日意欲が高いユーザーやリピート候補への1対1のターゲティング広告配信への活用も期待できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]