日本IBMが「Watson」を適用した新製品「IBM Watson Content Hub」の日本語版提供開始

コンテンツ管理ソリューションで高精度のタグ付けを提案、無料トライアル版も利用可能
よろしければこちらもご覧ください

日本IBMは、コンテンツ管理ソリューションに人工知能技術の「IBM Watson」を適用した新製品「IBM Watson Content Hub」日本語版の提供を2月20日に始める、と2月15日発表した。クラウドベースの製品となる。日本IBMのサイト上の「マーケットプレイス」内で無料トライアル版も同日から利用できる。画像コンテンツに含まれる意味を検出し、場面、対象物、顔のイメージなどを分析してどんな場面か理解するIBM Watson API(アプリケーションプログラムインターフェイス)「Visual Recognition」を活用し、高精度のタグ付けを提案する。

コンテンツ管理ソフトに画像や文書などを入力する際、コンテンツ管理担当者は検索されるキーになる「タグ」を複数入力する。コンテンツが適切な用途で効果的に検索・使用されるにはタグを正しく付けることが必要だが、コンテンツ数が増えると作業が大きな負担になる。こうした背景からIBM Watson Content Hubを展開する。コンテンツ管理担当者が入力したコンテンツは高速でコンテンツデリバリーネットワーク上に配置され、コンテンツ利用者は検索してURL指定することで活用できる。ストレージ10GBの「Base」で月額3万3600円から。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]