フィードフォース、非技術者でも短時間でデータフィードを作成できる「dfplus.io」を正式提供

必要な作業を広告代理店や広告運用担当者自身がWebブラウザから行うことが可能に
よろしければこちらもご覧ください

RSSフィードを用いたマーケティング支援を行うフィードフォースは、広告担当者自身がデータフィードの作成・管理・最適化を行うことができるデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」を12月1日から提供開始した、と同日発表した。従来の「DF PLUS」は、データフィードの作成・管理・最適化をフィードフォースが行っていた。dfplus.ioは必要な作業を広告代理店や広告運用担当者自身がWebブラウザから行うことができるようになった。ベータ版利用企業では、作業所要時間を従来の1ヵ月から1日へと大幅に短縮することができたという。

dfplus.ioは、企業の保有する商材データをGoogleショッピング広告や「Criteo」、「Facebook」などのダイナミック広告を含む多様な媒体に最適化できる。多くの商材を保有する企業に対し、複数のデータフィードを統合管理し、柔軟に運用できる環境を提供し、広告成果の向上に貢献する。初期費用は無料で、月額3万円から利用でき、用途と規模に応じてプランを複数用意した。また、12月1日から3週間、無料トライアル申し込みが可能となっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]